イギリス留学
サービス内容
追加サービス

 
ビザ取得サービス
 
バリューパック
 空港送迎
 ホームステイ手配
 ビザ取得サポート
 携帯電話レンタル
 緊急サポート
 国際電話カード販売
 その他現地サービス
 
留学の流れ
お申し込み〜出発まで
よくある質問  FAQ
ビザに関する情報
UKビザニュース
留学体験談
スタッフのブログ
本日の為替レート
 
イギリスについて
現地生活情報

 
基本情報  交通事情
 住まい アルバイト
 健康 生活費用 
 教育 通信・メディア
 エンターテイメント
 ショッピング
 旅行 食事
各都市の情報
役立つリンク集
生活に関してよくある質問
 
イギリスの学校について
ロンドン学校リスト
イギリス全土学校リスト
英語コースの種類
学校に関してよくある質問
ご出発までに
渡航前準備
イギリス入国に関して
 
渡英後

渡英後の安心サービス
 
 バリューパック
 空港送迎
 緊急サポート
  ホームステイ手配
 携帯電話レンタル
 国際電話カード販売
 その他現地サービス
 無料就職セミナー
  ビザ取得サポート
 フリーペーパー・配布物
 渡英後の特典
 

サッカーチケット販売
 
サイトに関して
会社概要
スタッフ紹介
ご利用規約
サイトマップ
 
コンタクト
お見積もり依頼
お申し込みフォーム
 
学校、コースについて、または学校が始まってからのことについてのよくある質問をまとめています。
学校、コースについて

ご注意:

6ヶ月以上の留学で、Tier4(学生)ビザの取得をご希望の方は、英語がCFERレベルのB1レベル以上に達している必要があります。

B1レベル以上の証明として、IELTSで4.0TOEICで550、またはそれ相当の英語の試験結果提出が必要です。

これは、過去2年以内の試験結果である必要があります。

このレベルに達していない方は、自動的に6ヶ月以下のスチューデントビジタービザでの留学となりますのでご注意下さい。

英語が全くの初心者ですが、大丈夫ですか?

日本人は、会話やリスニング能力が低いので、自分が「超初心者」と思いがちですが、日本の中学生レベルの文法ができていれば、「超初心者」にはなりません。そしてどの学校も一般英語コースは、「超初心者」から受け入れています。コースにより、「超初心者」用のスタート日が設けられている場合があるので、学校に確認をしましょう。

れくらいの期間を申し込めばいいか分かりません

初めから留学期間を決めている場合は、その期間をお申し込みされることをお薦めします。
学校の様子見をするために、少なめに申し込みをして延長することも可能ですが、申込期間が長くなればなるほど、コース料金は割り安になり、割引率は高くなります。また、学校を途中で延長する場合、国内での学生ビザの延長が必要となり、これは労力もコストもかかります。長めにお申し込みをすることにより、更新の手間が省けます。

ご注意 Tier4(学生)ビザを取得し、語学学校で6ヶ月以上の勉強を希望する方は、英語レベルがCFERレベルB1以上が必要となります。それ以下のレベルの方は、必然的にスチューデントビジタービザで6ヶ月以下の渡航となります。

学校はいつ始めるとよいのですか?

どの学校も基本的にコースがスタートできるのは、毎週月曜日です。月曜日が国民休暇の場合は、火曜日からの授業になります。クリスマスなどのホリデー期間は学校によって違いますので、随時確認が必要です。年明けはどの学校もだいたいが1月1日以外の月曜日からすぐ入学可能です。コースによっては、開始日が決まっている場合がありますので、こちらも確認が必要です。

ロンドンと郊外の学校の差はなんですか?

ロンドンは、語学学校激戦区ですから、学校も価格をおさえることなどにおいて競争をしています。そのためには残念ながら、どこかで経費を削減する事になるので、価格と質が比例してしまう感が否めません。ただし、低料金でも質の良い授業を受け、文化の中心であるロンドンに住む、というのはやはり他の都市では得られない経験です。
その点郊外の学校は、とにかく質で勝負ですから、学校の質は相対的に高くなります。交通費や生活費も安くおさえられますが、ロンドンほどアルバイトが見つかりやすくなかったり、ロンドンのようなレベルの低料金校が存在しなくなってしまいます。

一般英語コースとアカデミックイヤーの差はなんですか?

アカデミックイヤー、アカデミックタームコース、とは通常、一般英語コースを長期申し込む場合の名称です。通常は、36週間の授業にホリデーがついて、ちょうど一年くらいのビザが下りるコースを指します。また、一般英語コースとして同じ週数を申し込むよりも、内容が全く同じで料金が割安になっている事がほとんどです。アカデミックイヤーコースは、開始できる日にちや月が決まっている場合がありますので、確認をしましょう。

同じコースでも授業の時間帯で料金が違う場合があるのはなぜですか?

特に長期留学をする人は、午前中に学校に行き、午後にアルバイトをしたい、という人が多いため、どの学校も午前中に人数が集中します。それにより、午後にも人を呼び込むために、午後の料金を安く設定している学校が多々あります。授業の内容や質は同じコース内であれば全く同様です。

ホリデーとは何ですか?

語学学校は、大学と違って、イースター休みや夏休みがありません。ですが学校が閉まるクリスマスー期間とは別に、ご自身で好きなときに「お休み」を取れます。これは、コースに申し込んだ週数で、どれくらいのホリデーがとれるか、が決まり、学校やコースにより様々です。ホリデーをとりたいと思ったら学校に申し出て、ホリデー扱いにしてもらわないと、「欠席」の扱いになってしまいます。
コースによっては、学校が定めた時期にホリデーをとらないといけない場合もありますので、注意しましょう。

学校で提供しているサービスは何がありますか?

入学すると通常は、以下のサポートが学校より受けられます。

*銀行口座開設のためのレター
*交通機関が30%学生割引になるサポート
*ソーシャルアクティビティーへの参加
 授業以外では、生徒や教師と一緒に映画、パブ、小旅行に出かけて交流を深めます。
*コンピュータルーム
 インターネットが利用できます。(殆どの学校が無料)
*ホリデーの申請
 申込期間が多いほど、自分で取れる休みをもらえます。
 例:12週間の場合=2週間ホリデー 24週間の場合=4週間ホリデー 
   36週間の場合=8週間ホリデー
 休みを事前に申告すれば、欠席にならず旅行や里帰りに時間を使うことが可能です
 

リストに記載されていない学校で、もっと安い学校を自分で見つけたのですが教育庁に認可されている学校でないといけない理由は何でしょうか?
一般的な語学学校でも、認可校でないと学生ビザ滞在の許可が下りないと ルールで決まっています。
詳しい情報

特にロンドンには、超低料金の語学学校が沢山存在します。万一、どこにも認定されていない学校で運良くビザ取得ができたとしても、「到着後に学校が無かった」、「途中で経営難のため閉校した」「クオリティーが劣悪 で、授業が成り立たない」などのマイナス面ばかりとなり、せっかく一大決心をして渡英したのに水の泡となってしまいます。
低予算留学というのは、とにかくお金を抑えるという意味ではありません。内容のあるイギリス留学を実現するために賢く予算を抑えるということです。
認可校のみを滞在許可するとイギリス政府が主張している理由は、教育の質を向上するために、認可外の学校を排除するため、不正入国を防ぐ目的があります。
Easy & Go!では、現地から発信されていますので学校についての情報やビザに関する法律はリアルタイムで更新しています。厳しい目で見たスタッフが安全で確実な低予算留学をご紹介しているので安心です。

 学校に直接質問する場合の注意点はありますか?

学校の担当者にメールで連絡をする場合は、質問内容をはっきりと記載しましょう。また、携帯のメールアドレスではなく、パソコンからメールを送る事をお勧めします。もし、すぐ返事が返ってこなくても、根気よく質問を続けましょう。返事を急がせるときや、返事が返ってこない時には、脅したり、怒っているような口調でせかす事は逆効果です。「いついつにメールを送ったのですが、返事が戻ってこないので、もう一度書いています」とか、「ビザの申請まで時間がないので、早く返事がほしいです」というように書くと効果的です。

学校が始まってから

レベルわけをしても、自分に合わなかった場合どうすればいいでしょうか?

日本人は会話よりも文法が得意なので、レベル分けテストではレベルの高いクラスで結果がでます。しかし、会話力、リスニング力が不足していますので授業についてゆけず困ってしまいます。その場合は、レベルを下げてもらうことをお薦めします。

クラスのレベルを変えたい場合どうすればいいですか?

学校の受付、または先生へ御相談下さい。

クラスの時間帯を変えたい場合どうすればいいですか?

学校の受付、または先生へ御相談下さい。レベルやクラスの空き状況により、アレンジが可能になります。時間帯で授業料金に差を設けている場合は、差額をお支払いいただくことになります。もし料金が低いクラスに移る場合は、大概の場合返金をされるのではなく、その料金分多めに授業を受けることが可能となります。

途中でコースを変えたい場合どうすればいいですか?

学校内でのコース変更は基本的に自由に可能です。受付まで行き、お申し出下さい。変えたいコースのレベルに満たしていない場合は変えられない場合がありますので、受付でじっくり話し合って下さい。コース変更につき、差額を支払う場合には、学校に直接のお支払いとなります。

学校を変更したい場合どうすればいいですか?

学生ビザは申し込みをした学校にならって滞在許可が下りていますので、直ちにイギリスの移民局か一旦帰国して英国大使館へ申し出る必要があります。
しかし、「途中で土地を変えたいから」、「大学進学が決定したから」などやむを得ない理由を除いて、学校内で生じた問題が原因で 、変更をお考えの場合は、教師や学校スタッフと協力して、徹底的に問題解決されることをお薦めします。

 
サービスに関してよくある質問生活に関してよくある質問、もご覧下さい。
  ホームサービス内容留学の流れよくある質問会社概要ご利用規約語学学校お見積もりお申し込みサイトマップ