イギリス留学
サービス内容
追加サービス

 
ビザ取得サービス
 
バリューパック
 空港送迎
 ホームステイ手配
 ビザ取得サポート
 携帯電話レンタル
 緊急サポート
 国際電話カード販売
 その他現地サービス
 
留学の流れ
お申し込み〜出発まで
よくある質問  FAQ
ビザに関する情報
UKビザニュース
留学体験談
スタッフのブログ
本日の為替レート
 
イギリスについて
現地生活情報

 
基本情報  交通事情
 住まい アルバイト
 健康 生活費用 
 教育 通信・メディア
 エンターテイメント
 ショッピング
 旅行 食事
各都市の情報
役立つリンク集
生活に関してよくある質問
 
イギリスの学校について
ロンドン学校リスト
イギリス全土学校リスト
英語コースの種類
学校に関してよくある質問
ご出発までに
渡航前準備
イギリス入国に関して
 
渡英後

渡英後の安心サービス
 
 バリューパック
 空港送迎
 緊急サポート
  ホームステイ手配
 携帯電話レンタル
 国際電話カード販売
 その他現地サービス
 無料就職セミナー
  ビザ取得サポート
 フリーペーパー・配布物
 渡英後の特典
 

サッカーチケット販売
 
サイトに関して
会社概要
スタッフ紹介
ご利用規約
サイトマップ
 
コンタクト
お見積もり依頼
お申し込みフォーム
 
イギリス語学留学に知っておくと役立つ知識をご紹介します。

 学生として滞在するための基本ルール

語学学校のコースの場合、週15時間以上の授業のコースに通うこと(13時間以上の勉強)

9-15時から始まる時間帯のコースに限ります。イブニングコースは学生として認められません。

イギリスビザ管理局(ホームオフィス・UKBA)が認可しているスポンサーライセンスを取得していること

スポンサーライセンスとは、イギリスのビザ管理局(ホームオフィス)より学生ビザを発給して良いという許可を得るものです。
学校はビザの発給の際に、海外からの学生を受け入れる「スポンサー」となり、ホームオフィスより常に審査されます。

弊社よりご紹介の学校は、基本的にこのスポンサーライセンスを取得している学校ですが、断続的なホームオフィスからの審査により、学校が一時的にスポンサーライセンスを保留にされたりすることがあります。

スポンサーライセンスを取得している学校は、こちらのリンクよりリストをご覧頂けます。
http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/documents/employersandsponsors/pointsbasedsystem/registerofsponsorseducation

以上の点が守られていない場合は、学生ビザ、スチューデントビジタービザの申請が認められません。



英語コースの種類
 

各語学学校が開講してる英語コースは、一般的に、一般英語、ビジネス英語、試験準備英語、大学進学の為の英語、カルチャーコース、専門英語などです。上級になるにしたがってコースの選択肢がひろがるように、デザインされています。レベルチェックで、ご自身の英語レベルをお確かめください。一般英語以外のコースで勉強したいけれど、英語のレベルが足りない場合は、先に一般英語でレベルを上げて、レベルが必要なものに達したらコースを移る、という事も可能です。

■一般的な英語コースの名称解説■

一般英語 − General English Course
集中英語コース − Intensive English Course
ビジネス英語 − Business English
試験準備 − IELTS Preparation, Cambridge Examnination
大学進学 − University Preparation
カルチャーコース − English + British Culture
専門英語 - Medical English, English in Law


目的
別で選ぶ英語のコース


日常会話が理解できるようになりたい

語学学校で もっとも一般的なコースは、「一般英語コース(General English Coure)]です。初級から上級まで細かくレベルわけがされていて、レッスンは、英語を使った毎日の生活に必要なスキルを万遍なく伸ばしてくれるようにデザインされています。初日にレベルテストを受けますので自分に合ったレベルで学ぶことができます。

就職や進学に有利な資格を取りたい

→働き口を見つけるための有利な資格は、ケンブリッジ英検が目安となります。ケンブリッジ英検を受けるには、ケンブリッジ英検対策コースを受講して、試験準備をするのがベストです。学校によっては、ケンブリッジ英検の勉強と一般英語の勉強を混ぜて行うところや、一般英語コースをとっている人は自動的にケンブリッジ英検対策をしていることになる場合もあります

ケンブリッジ英検とは?
イギリス大学機構が研究開発した英語検定試験。英国大学・専門学校進学する際に英語力の目安として判断される。レベルはKET (Key English Test)PET (Preliminary English Test)FCE (First Certificate in English)CAE (Certificate in Advanced English)CPE (Certificate of Proficiency in English)と5つの級に分かれている。いずれもリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4セクションによって構成され、結果は合否で発表される。

〔試験の日程〕

日程は毎年変わりますが、目安として大概が下記の月に行われています。

FCE
cambridge first certificate  3月、6月、12
CAE
cambrige advanced       6月、12
CPE
proficiency             6月、12

就職や進学に有利な資格を取りたい その2


大学や専門学校へ進学するためには、基礎レベル以上の英語力が入学条件となります。目安は、IELTSと呼ばれるテストシステムです。

IELTSとは?
イギリス大学機構が研究開発した英語を母国語としない人のための総合的英語力診断テスト。IELTSの結果は0.5単位となる1〜9の点数で通知される。海外留学生対象の私たちがイギリス大学・大学院進学において最低限必要な単位がIELTSで要求される。アカデミックとジェネラルモジュールに分かれるが、大学・院進学の際はアカデミックが必要になる。
 

ケンブリッジ英検、ILETSコースなどの試験対策コースは 通常中級レベル以上よりコースに参加することが可能です。長期留学の場合は、初めは一般英語クラスで学びレベルが満たせば途中で試験コースにチャレンジしても良いでしょう。
 

英語を使う仕事を将来探したい

コースを豊富に持つ語学学校ではビジネスシーンで役立つビジネス英語クラスも用意しています。他にも、旅行、観光、外食産業など、特定の職業分野で必要な英語力を身につけたい人を対象にしたコースがあります。
 

ビジネス英語コース には中級レベル以上からコースに参加することが可能です。
長期留学の場合は、初めは一般英語クラスで学びレベルが満たせば途中からビジネス英語コースにチャレンジしても良いでしょう。

会話力を中心に伸ばしたい

→学校によっては、パートタイムクラスで会話のみ、発音のみ、文法のみのクラスを設けていたりしますので、 一般英語コースと組み合わせて申し込みをしても良いと思います。最初から一般英語とコミュニケーション能力向上のクラスを組み合わせているコースもありますので、それもお勧めです。

また、一般英語の授業の中でも会話と発音を重視しているレッスンを展開する語学学校も存在します。

 語学学校リスト

短期間留学なのでなるべく集中して向上したい

→語学学校では、一日3時間から6時間と学べるコースを持ち合わせる学校があります。短期間で向上を目指す場合は、学習時間の長いコース選択をお薦めします。

長期留学なので効率よく学びたい

→語学学校によっては、長期留学生のためにアカデミックイヤーコースを設けています。アカデミックイヤーコースは長期 の学習を希望している生徒にあわせたカリキュラムで学べます。大学進学の予定がなくても、大学進学準備コース(University Preparation Course)を選択すれば、アカデミックな学習が受けられ、効果的に英語力を向上 する事ができます。長期留学の弱点としては、授業に飽きが生まれることなので、コースの選び方を工夫することが大事です。
また、二つ以上の学校で勉強する、という事も手段ではありますが、学生ビザ取得の際に、最初から全ての学校を申し込んでおく必要がありますので注意しましょう。

どの時間帯で学べば良いか分からな

学校によって 、授業は、朝・昼・夕方クラスに分かれます。学校が終了してから、または始まる前に時間をどのように利用するかによって決まるでしょう。 また、学校によっては、時間帯により授業料金の差があります。授業内容には変わりはありませんので、それも目安にして下さい。

専門的なことも学びたい

語学学校によっては、英語コースだけではなくコンピュータやトラベル&ツーリズム、ビジネスマネージメントコースなどを設けています。 英語コースだけでは物足りない、という方は、こういった専門コースも学ぶことも可能です。

専門コース には中級〜中の上級レベル以上からコースに参加することが可能です。また、専門コースは、勉強期間が、12週間、6ヶ月、9ヶ月と決まっていて、コース開始日も決まっている事がありますので、それを把握した上で日程のプランをたてましょう。

 

学校、コースについて、また学校が始まってからの対処法などは、学校に関してよくある質問をご覧下さい。

  ホームサービス内容留学の流れよくある質問会社概要ご利用規約語学学校お見積もりお申し込みサイトマップ